ダイエット ボディケア

ホットヨガはどんな効果があるのか?LAVA体験者目線でのメリット・デメリット

投稿日:

 段々春めいてきました、もうすぐ薄着になる季節ですね。

最近二の腕やお腹周りにお肉がついたなぁとため息ついている方はいらっしゃいますか?

 また、寒い間ついつい体を動かすことが億劫になってしまって、運動不足と感じることはありませんか?

 

 そこで、辛い運動なしでダイエットするのはいかがでしょうか?

正直に言えば私は運動が苦手です!(キッパリ)

ジム等でハードな運動をすることに抵抗を感じているそこのあなた!必見です。

 私のお勧めはヨガ(特にホットヨガ)です!

なぜなら心も体も軽くなるからです。

 

 では、私のLAVA体験からホットヨガってどんなことをするのか?またメリット・デメリットなども具体的に説明していきましょう。

<まずは体験レッスンから、LAVA公式サイトはコチラ

ホットヨガはどんな効果があるのか?LAVA体験者目線でのメリット・デメリット

【ホットヨガはどんな効果があるのか?】

ホットヨガを行うことで、得られる効果は沢山あります。

  • ダイエット
  • 骨盤調整
  • デトックス
  • 肩こり
  • 美肌
  • むくみ緩和
  • 冷え症改善
  • アンチエイジング
  • ストレス解消
  • 体質改善

などの効果が期待できます。

 

<その理由は?>

【ホットヨガとは?】

室温39度前後、湿度60%前後に保たれた室内で行うヨガを意味します。

この室温は体を一番柔軟にするとされる温度であり、多湿な環境は発汗を促します。

一般的なサウナですと90℃から100℃以上と高温すぎてヨガどころではありませんが、ホットヨガはヨガに適した温度設定ですので苦しくはありません。

 

適温と湿度の中でのゆっくりとした動きやポーズは、自然に筋肉を伸ばすことができ、インナーマッスルも鍛えられます。

さらに身体のゆがみも整え”めぐり”を良くし代謝を上げ、太りにくいしなやかなカラダをつくっていくことが出来ます。

 

【むくみの改善】

デスクワークや立ち仕事など長時間の同じ姿勢や運動不足、冷えなどがむくみの原因です。

ホットヨガでリンパの流れや血行を良くして、むくみづらい体質を得ることが出来ます。

 

【便秘の解消】

姿勢の悪さやストレス、水分不足など、便秘の原因はさまざま。

 

ホットヨガはリラックス効果が高くストレスを解消に最適です。

便秘になりづらいカラダを作ることが出来ます。

 

 

【汗をかきたい方におススメ】

ホットヨガは高温多湿の環境で、早い段階から筋肉を柔軟にするため、より効率的に無理なく筋肉を伸ばすことができるという点が挙げられます。

 

汗をかくことで体内の毒素を出し、その分水分を摂る事で体の代謝もUPし、痩せやすい体になっていきます。

普段あまり汗をかかないという方は、ぜひホットヨガで発汗し体質改善してみましょう。

 

【ホットヨガってどんな効果があるのですか?】

【汗をかいてリンパ、血行の改善】

 同じ姿勢を続けていると、重力に従って体内の余分な水分が末端に溜まり、身体がむくみます。 

また、全身の血流が悪くなることで老廃物も溜まりやすくなり悪循環を引き起こします。

 カラダを内側から温め、ヨガのポーズをとることで全身のリンパの流れや血行を良くし、老廃物や余分な水分を排出します。

それにより体内の水分の巡りを良くし、むくみにくい身体を作り、水太りの解消をしていきます。

 

【筋肉をつける】

 筋肉不足や使わなくなった筋肉が凝り固まると一体どうなるかご存じでしょうか?

 

実はリンパや血液の流れが悪くなり、筋肉のリンパや血液を押し出していく「ポンプ作用」が働かず、むくみやすいカラダになってしまいます。

 温かい環境でヨガのポーズをとることで、硬くなった筋肉をほぐし、しなやかな筋肉を作り、柔らかい良質な筋肉の「ポンプ作用」によりリンパ・血液の流れが促し、むくみを改善することができます。

 

 

【歪みの解消】

 日常生活の姿勢や癖によって身体にゆがみが生じ、特に骨盤や背骨がゆがむと全身のリンパの流れや血流が滞りむくみを引き起こします。

 ヨガのポーズは全身の筋肉を均等に使うことができるので、ゆがみ解消にはとても効果的です。

ゆがみが改善されればリンパや血液の詰まりも解消され、むくみも自然と和らぎます。

 

 

【インナーマッスルの強化】

インナーマッスル不足による体の影響は全体への悪循環につながります。

 悪循環

  • 運動不足

  • 筋肉不足

  • 身体を温める力が弱まる

  • 冷えやすい体に

  • 冷えによりリンパの流れや血流が悪化

  • むくみやすい体へ

  • ますます運動しなくなり~(悪循環)

 また、甘いもの、脂っこいものばかりの偏った食事がエネルギーの摂取量と消費量のアンバランスの原因となります。

 ヨガによりカラダの内側の筋肉(インナーマッスル)を作る事で、自発的にカラダを温める力をつけていき、冷えが改善されることでむくみも解消できます。

むくみが解消されるだけでも今まで諦めていたパンツやスカートが入るようになるので、きっと驚くと思います。

 また、たくさんの汗をかいて脂肪が燃焼されていきます。

インナーマッスルを鍛えて基礎代謝を上げていくことで、脂肪が燃えやすい体質を作る事が出来ます。

 

 

【ストレスの解消】

 

ストレスをためると、そのストレスを食べることにより解消させようとするため、間食が増えたり暴飲暴食になってしまうことがあります。

 また、やる気が起きない、外に出たくない、重度になると簡単な判断が出来ない、眠れないなどのストレス症状が得てくる場合もあります。

 ホットヨガはリラックス効果がとても高くストレス解消にオススメです。

ヨガで行う呼吸法やポーズは、余分な心身の緊張を解きほぐし、心のバランスを整えるなどの効果があります。

また、ヨガの時に行う大切な要素の一つ「瞑想」も、自然に自分の身体へと意識が向かわせる事から、集中力アップの効果を望めます。

乱れた心が落ち着き、物事を前向きに捉えられるようになるバランス効果など、メンタル面での調整にも効果が期待できます。

 このメンタル面のバランス効果により、日常生活での作業やコミュニケーションなど、様々な場面での能力アップが期待できます。

 

食事によって解消していたストレスを、ヨガで解消できます。

さてここまで良いことばかり書きましたが、デメリットもあります。

 

【ホットヨガのデメリット】

 私が感じたホットヨガのデメリットをお話しします。

 

【荷物が多い】

 常温ヨガに比べ、ホットヨガは荷物が多いです。

スタジオによってはヨガマットを貸し出していたり、ヨガマットを使わなかったりするところもありますが、ホットヨガは当たり前ですが大量の汗をかきます。

 

ですのでさっきまで使っていたヨガマットをいくらケアしているとは言え、使うことに抵抗があり、私は仕事帰りにヨガに行く際もヨガマットを持参していました。

 ホットヨガはヨガマットの他にも、マットの上で滑らないようにマットの上に敷くヨガラグ(最低でもバスタオル)やウエア(上下)、替えの下着、汗拭き用のタオル、水などが必用です。

 

一口メモ
水はスタジオで販売しているところや、水素水サーバーなどがある場合がありますが、水素水会員は水素水バッグだけで良いですが、スタジオ販売の水は高いので仕事帰り時は近隣のコンビニで調達したり、休みの日はまとめ買いした水を持って行っていました。

 

 ただでさえかさばる荷物ですが、帰りは汗を吸ったウエア類が重くなりました。

 

【ダイエット効果は・・・?】

  私の場合なるべく週2回はホットヨガに通っていましたが、年1回の職場の健康診断で腹囲を図った時、1cmくらいしか減っていませんでした。

 ただ、パワーヨガ等の強度の高いレッスンの後は背中回りの引き締まった感じが、リンパ系のレッスンの後は顔回りやウエスト回りがサイズダウンした感じはありました。

 継続は力なりなのか?

即効性はないと思いますが、効果が出るのはやはり個人差があるのかもしれません。

 

 

【レッスン後は吸収しやすい身体に?】

 ホットヨガではレッスン前2時間とレッスン後1時間は食事を制限するように言われています。

確かにレッスン2時間前以降にお茶を飲んだだけで、高温多湿な環境下で体を動かすに気分が悪くなってチャイルドポーズで休んでいた事があります。

 特にお腹を圧迫するポーズは苦しくなってしまうのです。

 レッスン後は体が食べ物や飲み物を吸収しやすくなっているので、お腹が空いたと言い脂っぽい物や甘い物を食べてしまうと吸収してしまいます。

 ただ、レッスン後1時間って言ってもシャワー浴びたり服着替えて帰る用意して電車に乗って帰ればあっという間に1時間は過ぎていきました。

 

 

【夏や冬のホットヨガってきつい?】

 私は真夏にホットヨガに行くのは苦になりませんでした。

むしろ暑い夏こそホットヨガ効果はあると思いますし、かえって外の炎天下でも涼しく感じられたくらいです。

 行きはウエアを着て(ホットヨガでも汗をかくので吸汗速乾のウエアの方が涼しいです)、ホットヨガで汗をかき、帰りはワンピースで帰りました。

 おかげで熱中症にはならなかったです。

 ただ、冬は外の気温が寒く、ホットヨガで温まろうとしてもウォーミングアップをしてもなかなか体が温まらず、体が硬かったです。

 冬は冬でウエアを着て上から冬用のワンピースを着て厚着して行き、帰りはヒートテックを着て帰りました。

 

【ヨギー率が低い】

 ホットヨガは最近派生したヨガなので、純粋にヨガを追及している人にはちょっと向いていないかもしれません。

 まず、マナーが悪いです。

 ヨガマットを敷く場所を無視して敷いたり、混んでいても譲り合いが出来ない、スタジオ内では私語禁止なのにいつまでもしゃべっている…等

(地域や人によるでしょうが・・・)

 ホットヨガスタジオの考え方にもよりますが、本格的なヨガを求めている人は向いていない気がしました。

 また、ヨガは男性の為に作られたという話を聞きますが、最近は男性利用可のスタジオも増えてきましたが、知り合いと一緒に行くなら行き易いかもしれません。

が、男性一人で行くにはまだ勇気がいるかもしれません。

<まずは体験レッスンから、LAVA公式サイトはコチラ

 

【まとめ】

いかがでしたか?

 まず、ホットヨガに興味を持たれたら、色々なホットヨガスタジオがあります。

ホットヨガ単独で行っているスタジオ(LAVA、カルド等)や、スポーツクラブ(NASなど)の一角でホットヨガを行っている所。

 気になるスタジオがあったら是非体験をしてみて下さい。

まずは無料体験などから様子を見ればいいでしょう。

 

 ホットヨガは高温多湿な特別な環境下でヨガをしますので、体調が良い時に行かれる事をおススメします。

 また、たくさん汗をかきますので、インストラクターさんの指示に従いしっかり水分補給をしながら行う事をおススメします。

<まずは体験レッスンから、LAVA公式サイトはコチラ

 

あると助かるグッズ

 最後に私がホットヨガに通ってあって良かった物を紹介します。

 

★ヨガマット

厚さは3.5mm、6mmなどがあります。

私が通っていたホットヨガスタジオは長さが145cmの物を販売していましたが、長さは173cmが多いです。

私はヨガワークスの物を切って使っていました。

スタジオで販売している物は3.5mmの物でしたが私は3.5mmと6mmを利用していました。

  • よく動くヨガ(パワーヨガ等)の時は薄いマット

(厚いマットだと沈み込んで不安定になりポーズが取りにくいため)

 

  • リラックス系のヨガの時は逆に6mmの厚めの物を

(座りポーズ、寝ポーズが多いためクッション性がある物がリラックスしやすかったので)

ヨガマットがあるだけでポーズが取りやすくなります。

★ヨガラグ

私の行っていたスタジオの物は145cmの物で、販売されているヨガマットと一緒に使えます。

長さがぴったりなので上に敷きやすいかもしれませんが、私がおススメするのはちょっと割高になりますが『yogitoes ヨギトース』のSKIDLESS スキッドレスがおススメです。

 

長さは173cmで、後ろにポチポチがあり、それが滑り止めになっており、汗をかいたマットの上でも滑りません。

 

柄も無地からおしゃれな物まで色々あります。

そして、おすすめポイントは洗濯機での洗濯や柔軟剤の使用、乾燥機をかけることもできます。

他のメーカーのラグは柔軟剤を使えなかったり、乾燥機が使えなかったりとあるので、1枚あるだけで違うと思います。

★ヨガマットバンド

丸めたマットの緩み防止に使える便利アイテムです。

マットバッグに収納する際も、バンドでとめておけばバッグの中でマットが広がらず、コンパクトに持ち運べます。

また、マットの保管用に最適です。

★マット用ケア用品

最近はアロマの香りの物も売られています。

使ったマットにスプレーし、きれいな布で拭き取るだけでお手入れも簡単です。

皆様の素敵なホットヨガライフを願っております。

最後まで読んで下さりナマステ(有難うございました)

(記事:rwood73)

 

<まずは体験レッスンから、LAVA公式サイトはコチラ

-ダイエット, ボディケア

Copyright© CatTail , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.