スキンケア 健康・美容食品

30代からの気になる美肌ケア、ターンオーバーを改善する4つのポイント

投稿日:

 


人間には肌の「ターンオーバー」という、肌の生まれかわりをうながす、美肌を維持するためにとても重要な機能があるんです。

実は30代を迎えると、肌のターンオーバーが20代よりも遅くなります。

結果、傷口やニキビが残りやすくなり、肌の透明感が失われくすみがちな暗ーい肌、しみやしわができ、肌がたるみがちっていう事に!

  • じゃあもう手遅れってこと!?
  • 30代以上の女性が「美肌」を取り戻すのは無理?

そんなことはないですよ。

肌を新しくする機能である「ターンオーバー」はスキンケアや睡眠習慣、食事などを見直すことで整えられちゃうんです。

適度な周期で古い肌が剥がれ落ち、新しい健康な肌が生まれると、肌はしっとり潤いがあり、シミやしわ、たるみなども改善されていきます。

年齢を重ねても、うるうる、つやつやな肌は目指せるのです。

では、ターンオーバーはどうしたら改善できるのでしょう?

 

30代からの気になる美肌ケア、ターンオーバーを改善する4つのポイント

【美肌ケアには、根本である肌のターンオーバーを理解することから】

 

健康な肌のターンオーバーの周期は28日位が理想的と言われています。

ターンオーバーは遅すぎるのはもちろん、早すぎてもダメです。

その理由をご紹介しましょう。

 

【ターンオーバーの仕組みと周期】

まずはターンオーバーについて、肌の表面部分である「表皮」についてです。

表皮とは表皮細胞が積み重なってできたものです。

表皮は表皮細胞が積み上げられてできていますが、大きく4層に分けられます。
表皮の一番深いところにある「基底層」、その上の「有棘層」、またその上の「顆粒層」、一番上の「角質層」となります。

この細胞がきれいに並んでいる肌がきれいな肌です。

ダメージからもちゃーんと守ってくれますからね。

さらにその細胞は、古い細胞を排出し新しい細胞に生まれ変わりますが、これが「ターンオーバー」です。

 

ターンオーバーの理想的な周期は「28日」位ですが、年齢を重ねるごとに遅くなっていきます。

20代では何もせずとも28日周期で肌が生まれ変わっていても、40代には60日位かかる人もいます。

ずいぶん遅くなりますよね。 ちょっとショックです。

逆に洗顔のしすぎや間違ったピーリングで、ターンオーバーが早くなっている人もいます。

私も以前肌のくすみが気になって、市販のピーリングにはまっていた時期がありました。

パッケージの説明には1週間に1回が目安と書かれていましたが、3日に1回ぐらいしていました。

最初は、「わー、なんか余計な角質とれて肌つるつるー」とかのんきなことを思っていたのですが、それは長くは続かず。

あっという間に、ニキビ肌になってしまいました。

やりすぎはいけませんね。逆に肌を痛めちゃいますよ。

 

ターンオーバーが遅くなるということは、古い角質がなかなか剥がれ落ちず、残ったままという事です。

加齢などの原因で肌のターンオーバーが遅くなると、角質層という肌表面の古い角質が厚くなり、反対にその下にある表皮が痩せて薄くなります。

そのため、肌に透明感がなくなり、ゴワゴワした肌に見えてしまいます。

そして、表皮が痩せてしまうと間から紫外線が入りやすくなるんです。

もちろん、シミの原因になりますね。

また、表皮が薄くなったことで肌の表面はくしゃっと、縮んだようなしわができてしまいます。

”なら、早いほうがいいでしょ! ピーリングしなきゃ!”

と、思いますよね。(私もそうでしたが)

早すぎるターンオーバーもまた、トラブルの原因なんです。

ターンオーバーが早ければ、肌の生まれかわりのスピードも速いので、肌にいいような気がしますよね?

でも、ターンオーバーが早いと、十分な肌が育つ過程がないままの未熟な「栄養不足肌」になります。

肌に充分な栄養が無いので、弱ーい肌に。

もちろん、外からの刺激にも弱いので、肌が敏感になりニキビやトラブルの原因になってしまいます。

そういう原因のターンオーバーの乱れも、結構おおいんですよ!

むしろ、遅すぎるトラブルより、頑張りすぎちゃうトラブルが

何事も、「適度に」がおすすめなのです。

 

ターンオーバーってスキンケアだけじゃない様々な原因が絡んでいるので、そこも含めての対策をする必要があります。

まずは、ターンオーバーが乱れる原因から考えてみましょうね。

 

【ターンオーバーが乱れがちになる原因は?どんなケアをしたらいいの?】

ターンオーバーがうまく機能すれば、自然と美肌をキープすることができます。

しかし、30代以降でターンオーバーが正常な人って少ないんです。

では、なぜターンオーバーが乱れてしまうのでしょうか?

 

【洗顔や無理なピーリングで角質を取りすぎている】

洗顔の時に、必要以上にゴシゴシ洗いすぎたり、1日に何度も洗顔をしないようにしましょう。

また、角質ケアに良かれと思い市販のピーリング剤を使用する方もいますが、使用頻度に気をつけましょう。

市販のものだと、1週間に1度くらいがおすすめと書かれているものが多いと思いますが、それだとちょっとおおいかな?という気がします。

ターンオーバーってもともとの人間の自然な機能ですよね。

もう少し、自分の機能を信頼しましょう。

ターンオーバーが早くなる原因は、他にも色々とあります。

やりすぎると、角質を取りすぎてターンオーバーが早くなりすぎてしまい、肌トラブルの原因になってしまいます。

ピーリングは自分の肌をよーく観察してみて、「あっ、肌がなんかくすんでる」と思ってからでも遅くないですよ!

ピーリングって何?

ピーリングとは皮膚表面の古い角質をこすり取って、表皮の新陳代謝を正常にする美容法のことです。

やはり天然植物成分の上質な物を使うと違いますね、私が使ってるのは【薬用リメンバーリンクスホワイト】というピーリングに特化したものです。面白いほどポロポロと古い角質が取れます。興味がある方はコチラの公式サイトで確認してみてください。⇒【薬用リメンバーリンクスホワイト

 

【紫外線に当たりすぎている】

紫外線は肌にダメージを与えてしまいます。

肌細胞は、肌を守ろうと角質を厚くしたり、紫外線からのダメージを回復するためにターンオーバーを早めてしまいます。

日焼け止めは、1年を通して使用したほうがいいです。冬でも紫外線はありますからね。

 

【十分な睡眠時間が取れていない】

睡眠ははだにとってとても大切です。

主にターンオーバーがされるのって、実は睡眠中なんですよ。

十分な睡眠がとれていないと、ターンオーバーを行う時間が少なくなるので、ターンオーバーが遅くなってしまいます。

夜寝る前に携帯画面など見ていませんか?画面からの強い光が、眠りを妨げてしまいますよ。

芸能人の深田恭子さんはどんなに忙しくても、肌の手入れに時間を割くより睡眠時間を優先するそうです。

あのいつまでも綺麗な肌は睡眠のおかげなんですね。

 

【ストレスやホルモンバランスの乱れ】

ターンオーバーは自律神経とかかわりがあるので、自律神経が乱れるとターンオーバーも乱れがちになります。

現代人は仕事や人間関係などで、ストレスは欠かせぬ存在ではありますが、趣味やスポーツなどでストレスを軽減しましょう。

また、ホルモンバランスの乱れも原因になります。

 

 

【加齢】

年齢を重ねていくと、細胞の働きもゆっくりになっていきます。

そうすると、ターンオーバーには日数もかかるようになってきます。

  • 20代で28日周期だったのが、
  • 30代には45日位
  • 40代には60日前後

もかかるようになるといわれています。

また、細胞の働きが衰えてくることで、外部からのダメージにも弱くなってしまいます。

しかし、これらの原因はあくまで目安なので、日常のケアによって周期を整えることはできるので安心してくださいね。

 

【肌のターンオーバーを改善するのに効果的な方法は?】

1【洗顔】

洗顔料に含まれる、合成界面活性剤は肌に刺激になる成分が含まれています。

特にメイク落としには、肌の刺激になるこのような成分が洗顔料よりも多く含まれているため、できればメイクは石鹸でも落とせるものでしたほうがよいです。

または、なるべく肌にやさしい成分のメイク落としを使用するのもよいですね。

天然のものを使用するのもおすすめですが、肌に合わないこともおおいので、敏感肌の方は注意が必要です。

オリーブオイルなどを使う手もありますが、スーパーなどで売っているものがすべて天然のものか、というとそうではなく結構余計なものが入っています。

ちゃんとしたオーガニックのオリーブオイルを使用しましょう。

成分表の上手な見方

どんな商品にも成分は必ず表記されています。

その書かれている成分の量は、初めの方に書かれているものほど多く使われており、最後の方へなるほど使用量は少なくなっていきます。つまり劇薬ほど後ろの方に書かれてることがほとんどだということです。ですので後ろの方の成分はしっかりチェックしましょう。

また、洗顔やメイク落としの際に、肌を強くこすったりしないようにしましょう。

そっと触れるような感じで、肌を優しく扱うようにしましょう。

 

2【保湿】

肌のターンオーバーを改善するには肌のうるおいを保つケアも大切です。

「セラミド」は人間の肌にもともとある保湿成分ですが、ターンオーバーが正常な健康な肌は深部の肌細胞からたくさんセラミドが染み出ているため、うるおいのある肌になります。

しかし年齢を重ねていくとセラミドが作られなくなっていくので、化粧品でおぎなう必要があります。

セラミドは人間の肌にもともとある成分なので、敏感肌の人でも安心して使用できます。

セラミドは、セラミド2、3、10など後ろに数字があるものが本物のセラミドなので、そういったものが入っている化粧品を選ぶとよいです。

 

3【睡眠】

肌のターンオーバーには質の良い睡眠がとても大切です。

肌のターンオーバーはおもに睡眠中にされているからです。

特に、睡眠後のはじめの3時間の深いノンレム睡眠時が、肌の再生には重要です。

 

肌のゴールデンタイムは午後10時から午前2時といいますが、現代の生活ではなかなか午後10時に寝るのはむずかしいですよね。

理想としては深夜0時までに寝るようにすれば、あまり肌に影響はありません。

どうしても眠りにつけないときもありますよね。

わたしはカフェインに敏感な体質で、夕方以降にコーヒーを飲むと必ずと言っていいほど、夜寝れないです。

なので、コーヒーは午後3時までと決めています。

眠れないときによくやる方法は、布団で簡単なストレッチをする事です。

体がリラックスして眠りに入りやすくなるのでおすすめです。

ただし、体全体で伸びをするストレッチをすると逆に目がさえてしまうので注意してくださいね。

 

4【栄養】

肌のターンオーバーには、食事も大切です。

特に、ビタミンA・B・C・E亜鉛、セラミドの含まれているものが効果的です。

どんな食べ物に入っている?

ビタミン類は緑黄色野菜や根菜や肉類などに入ってますから、とくに問題は無いかと思いますが亜鉛はどんな食材に多いのか今イチ知らないかたもいるのではないでしょうか。

実は亜鉛は牡蛎に沢山含まれています、1日1個で1日に必用な亜鉛はほとんど補えます。

とはいえなかなか毎日は難しいでしょう、そんな時は海苔などがおすすめです。あとは牛肉、鶏肉、豚肉、卵にレバー、納豆や玄米などにも含まれています。

 <セラミド

セラミドは口から取りいれるというより、体内で生成するほうに主眼を置いた方がいいです。

セラミド配合のサプリメントを摂ったとしてもほとんどが吸収されず排泄されてしまうからです。

 

それより体内でセラミドの生成を手助けしてくれる食材を積極的に摂る方が理にかなっているでしょう。

セラミドの生成を助ける食べ物は以下のようなものです。

 

 

たまねぎ、サトイモ、白菜、キャベツ、じゃがいも、にんじん、ほうれん草、トマト、ピーマン

もうお気づきかも知れませんが、好き嫌いなど偏食をせずバランス良く食事をしていれば大丈夫なんですよね。

いかがでしたか?

肌の生まれかわりの機能である、ターンオーバーは肌にとって大切です。
正しいケアをして、美肌を目指しちゃいましょう。

 

まとめ

年齢とともに感じる肌のトラブル、ニキビが治りにくかったり、しみがでてきたり、肌のくすみ、しわやたるみ。

あげればホントきりがないです。

”20代では多少無理しても大丈夫だったのにな。”

なんて思う暇があるなら4つのポイントをしっかり抑えてターンオーバー改善に努めましょう

^^

参考になれば幸いです。

 

-スキンケア, 健康・美容食品

Copyright© CatTail , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.